スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sweet flavor 2



彼は俺の服を脱がし、ぱあっと輝いた笑顔を見せた。
プレゼントを開けた子のよう。
何を考えてるんだか。
「こんな楽しそうな顔をしてるのは久しぶりだね」と言うと
『くくっ』と笑ったリーダーを見て。。。

『まずい。。』と思ったんだ
そしたら、案の定。

なんだよ。。。

なんで、俺をこんなに。。。スルンダヨ?


リーダーは楽しそうな顔をしてるときが、一番厄介だ。
ぼうっとしててくれた方が。。。

扱いやすいんだよね。


今夜は一体、俺を何回。。。。

喉がカラカラだ。。。


彼は俺の身体の上で肌を湿らせたまま「はぁはぁ」と激しい息をしてる。
俺もさっき吐き出したものを取り戻そうと、乾いた喉に空気を吸い込む。


呼吸音だけが部屋に響く。



香り3



二人の呼吸が静かになり始めたとき
俺は最後に大きく息を吸い込むと、あの香りが鼻に飛び込んで来た。

甘くて、赤ちゃんの香り。
ベビーパウダー?
ミルク?
何にも汚されてない香り。
無邪気な香り
抱きしめたくなる香り

甘えてる香り。


やっぱり、家中見たけど、こんな匂いどこからもしないし
リーダーの身体の中から出るんだろうけど、
さっきの男の香りもあるし。。。

「この香り、どこから来るんだろう」

呟いてまた匂いを嗅ぐ。

「ふふ」
リーダーが笑った。


「気がつかない?」
彼の手が、俺の耳の後ろをゆっくり撫でる。

「ん?」

「俺も最近気がついたんだ。この香り、ニノが側にいるとするんだよね」
リーダーが俺の顔を覗き込んで頷いた。

「まさかー」

「側にいなくても、ニノと逢った日や、ニノと話をしたり、ちょっと。。えっと。。。変な事を想像すると。。。この香りがしてる」

「でも。。。まさかぁー。でも、潤くんだってこの匂いのこと言ってたじゃん」
さっきの激しさで自分の声が少し掠れてる。

「松潤と逢う時は、絶対ニノの偵察があるよね。アメリカに行ったときも、浮気調査みたいな電話がいっぱい。。」

「偵察?俺はそんなつもりじゃー」
むっとしてしまった。
だって、ただ、ラスベガスで何をしてるのか興味があっただけで。。。

「ふふ、うれしかったよ」

彼が唇を寄せ、柔らかい唇が触れた。

また強く香る。


そういえば。。。
翔くんも、相葉くんもこの香りに気がつかないみたいだし。。。

まあ、相葉くんは、
翔くんの男らしい爽やかな香りと
季節の花粉で
鼻がイカレテルから、リーダーの香りなんかわかんないか。

翔くんも、相葉くんしか興味がないし。
今日だって、なんだあれ。
ウサギエプロン姿の相葉くんの写真を『かわいいだろ』と自慢された。

見たくもねーよ。

だから、あの二人にはわかんないよな。

でも、俺の側にいたら薫るってことは、
俺はリーダーの普通の香りを確かめる術はないよね。
俺はこの甘い香りしか知らないわけで。。。。





リーダーが、背中をぐいっと起こし
「腹減った」
とのっそり起き上がると、
「魚を捌いたから、一緒に食べよ」とベッドを降りた。

「うん、アジだろ?」

「あー、なんで知ってんの、先に食ったろ」
彼は俺の方を振り返ってから、シャツを面倒くさそうに拾った。
「違うよ、覗いただけ」

「つまみ食いしたんじゃないよなあ。せっかく喜ばせようと思ったのに」
と言いながら俺に背中を見せてシャツを着てる彼。
俺はそれを眺めながら、自分の身体の香りを嗅いだ。

ん。。。俺もリーダーの香り。


いつものことだけど
二人で過ごした日は、この香りが俺にも染み込むんだ。

だから。。。
これは俺とリーダーの香りでもあるわけだけど。

そうか、俺といるときだけの香り。


俺を誘う香りなんだ。

つまり、リーダーのフェロモンの香り。。
ふふ、そんな香りって本当にあるんだ。。。

確かにこの香りは、リーダーを抱きしめたくなる。
香りで俺を誘惑してるんだと思うと
手を口に当てて笑ってしまった。

「何笑ってんの?先に行って、食ってるよ」

彼はまだ裸で横になってる俺を見下ろしてから、額に口づけをした。
その唇の柔らかさが、全身をくすぐる。
俺は彼の首にしがみついて、身体を自分に引き寄せ
もう一度、彼の香りを胸に一杯に吸い込む。


『すーっ。。。』

「ん~ニノも今は同じ香りだよ」


その優しい声に
身体が熱くなってしまう。

わかってる。
さっき一つになった俺達は同じ香りだ。
でも。。。


「俺はこんなに臭くないよっ」

彼を押しのけて、くるんと背中を向ける。


「にのーぉ。俺、臭くないよなぁ~~」

俺が笑いを堪えてると
背中に抱きついてきた彼から、また甘い香りがした。




。。。。んーいい香り。。。。。
俺だけの香り。



俺は大きく胸一杯に息を吸い込み、
背中から抱きしめてる彼の手に自分の手を重ねた。



香り1















『リーダーの赤ちゃんのような香りを私も嗅ぎたい~~~』
と叫んでる
智担の夢をぶちこわしてやりましたよ。


ふふっ。
残念でした。

あの香りは、ニノしか無理ということです。。。



智は君たちにはやらん!!!!!


ニノのものです♡


ニノちゃん
お誕生日おめでとう。

智を独り占めしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。