スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼓動

大宮なのか
櫻葉なのか
磁石なのか



お好きなカップリングで読んで頂けるかしら。




あるうららかな春の日、腐おばさんは話を思いつきました。

が、どう進めればいいのかわからず、頭の中で悩んでいました。

とりあえず書き始めようと闇雲に書いてみました。
書き始めても、それが誰の話なのかわからなくなってしまいました。

そこで、

「もういい!いっそのこと、どのカップリングでも妄想出来るように書いてみよう」

と、
ずるい書き方をしてみました。


というわけで。。。



どうでしょうねえ。





☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*




どさっ

ドドドドド

「はっ はっ」

200メートルを全力疾走したように、崩れ落ちた二人の身体。
汗だけが互いの身体の間にあるのみ
遮るものはなにもない。

「はぁ、はぁ」

彼が大きなリズムで呼吸をする。

俺の身体の中に吐き出したものを取り戻そうと
酸素を身体の奥まで染み渡らせてる。

だって俺の上であんな乱暴に動いてたんだもん。

ドクドクドクドク

鼓動もリズムを付け始めてる。




そういえば

あの瞬間。。。
繋がった部分にしか、感覚がなくなったあの瞬間。

彼の動きが止まって、
ソレだけが生を持ってたあの一瞬は、彼の鼓動が止まってしまったようだった。

そして、
彼に激しく揺らされ、強烈なかい///かんで
全身が硬直した俺も、ほんの一瞬心臓が止まってたはず。。。

そして、その一瞬を取り戻そうと激しく動いてる二人の心臓。





耳を澄まし、胸で鼓動を感じようと、
だるい腕を彼の身体に回し、力を入れ抱きしめた。

ドンドンドンドン

同じ速さで胸が波打ってる。

汗でぬめる彼の背中に手のひらを広げ、落ち着かせようと撫でる。
俺のゆったりした手の動きに
俺も彼も
「はぁっ」
同時に大きくため息を付いた。

まだ湿ったままでは冷えてしまう夜。
彼が足元に丸まったシーツを引っ張り上げて
二人の身体を覆う。

身体を包むのが冷たい空気から、柔らかなシーツに変わると
二人の身体が緩み徐々に力が抜けて行く。

シーツに籠る空気が温まって来ると、
二人共、無意識に目を閉じてしまっていた。

今日一日の疲れに逆らえずに、この身体をとろりと熱い彼に滲み込ませる。

薄い布の中に閉ざされた空間で、重なる胸に感じる彼の鼓動


ドクンドクン

もうどっちがどっちの音なのかわからない。

互いの鼓動に共鳴してるみたい。






ずっと、同じリズム。
俺も彼も同じ速さの鼓動。。。



もしかして人間って、鼓動の数が決まってるのかも。

その決められた鼓動の回数を打ち終えた時が、運命の終わり



だって、毎日昼も夜も心臓の動きを数えてる人なんかないから
この世に早くさようならをしてしまう人は
きっと、気がついてない時に、人よりたくさん心臓が動いてるんだ。
長命の人は、心臓も時々休憩してるのかも。



彼の方が早く産まれてるけれど
小さな頃、スポーツ大好きだった俺は、きっと彼と同じ鼓動の数になって

嵐になった。

あれが運命の瞬間。


あの日から
俺達は同じ鼓動の速さで時を刻む。

彼の身体が重くなってきた。
いつの間にか、彼が俺の身体の上で眠ってしまったようで、力ない彼の体重を感じる
そんな今だって。。。

どっくん、どっくん、どっくん


同じ。




うれしいときも
はしゃいでしまうときも
静かにしてるときも


互いの愛を確かめるときも

同じ鼓動の速さで生きて行けたらいいよな。。。


ふぁーっ


変な事を考えてたら眠くなってきた。

すーすーと静かな寝息が聞こえ、
彼の心臓も、

ドッ。。。クン

ドッ。。。クン

大きく動き、彼の身体の隅々にまで生きてる証を送り込む。


彼の力強い鼓動のリズムに誘われ、ぼんやりしてると、
大きな波が彼方からやってきて、
俺はあっと言う間に攫われ、暖かい海の底に沈んで行った。


彼の身体を抱きしめたまま。。。
深くて、暗い場所に落ちていく。。。



ドッ。。。クン


ドッ。。。クン





ドッ。。。。。クン






ドッ。。。。。クン









かちり


かちり


たくさんの計数カウンターが並ぶ中。
2つ並んだカウンターが

同じリズムでゆっくり数を数え上げている。


同じ数字を
同じリズムで



かちり



かちり



かちり



かちり












スポンサーサイト

テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

邪道な願望小説 智

人生で初めて、男女でお話を書いてみました。

相手はおおちゃん。

女の、女による、女のための妄想♡


みなさんがどきどきして
きゅんとしてくれるといいなあ。






☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*



「寒い。。」

ごうっと吹いた空調の音と、肌を撫でた冷たい風に
両腕で身体を抱きしめた。
あれ?

恐る恐る片目を開けて足元を見る。

あ。。。きてない。。。

目の前にある安っぽい花柄のクロスに、ここがホテルだと思うと
昨日の夜の自分の行動を、まず思い出そうと目を閉じた。

背中に人の気配がして、振り返りたいけれど
どんな人がいても、上手に対応出来る心の準備と、言い訳と
もしかして、怖い人だったら、逃げる準備もしないと。

落ち着け私
色んな修羅場をくぐり抜けて来たんだから
今回もなんとかなる。

えーっと、居酒屋でみんなで飲んで、
飲み足りなくて最後に飲んでたバーで。。
あ、あの子。

20代?30代?

猫背でスツールから落ちそうになって飲んでた彼。
隣に座って、なぜか彼と意気投合して飲んで。。。

今、ホテル。。。ってことは。。。
二人共酔ってたからなあ。

そうっと身体を反転させた。
苦しい夢でも見てるのかきりりとした眉を引き寄せ、
小さな口元は力なく閉じられてる。
かわいいとろんとした目が見えないと、
びっくりするほど男前の整った顔
やっぱり、彼だったか。

彼でよかった。。。といえばよかった。

細くて、骨張ってるのに、肩や腕には筋肉が浮かぶ身体。
昨夜の熱さがまだ身体の中にあるようで、おへその奥がずきんとした。

彼の顔をじっと見てると、彼の口元が小さな記憶の点となって
それが繋がり、とぎれとぎれに浮かび始めた。
でも、何か。。。
あ。。。
彼の側にぼろ雑巾のように丸められてるスカーフを見て
何をしたのか、されたのか、映画の映像のように一気に蘇った。




ベッドになだれ込んで、ふざけながら互いの服を引っ張りあっていたときは
酔った垂れ目の周りを真っ赤にしながら笑ってたのに
私の最後の一枚を引きはがした瞬間に彼は表情を変えた。
酔いも醒めて来たからだろう。

まるで恐怖の瞬間が目の前に迫ってるかのような
怯えた顔で「誰にも言わないよね」と尋ねる。

秘密を抱えた子供のような顔。
可哀想。。。なんて、女の前で何も纏ってない男に言うのも変だけど。。。
きっと彼にも事情があるんだろうと
「私はね、言いふらすような年齢でもないし、君のような子を取って食わないから」
と笑ってあげると
彼は「初めて逢ったときからそう思ってた」と目を細めて微笑み返してくれた。

彼にそんな風に思われてたのかと思うと
彼も見る目があるじゃんとうれしくなって。

「君も誰にも言えないようにしてあげる」

まだ力のないカレに手を伸ばした。
「ん。。」
整った顔が歪み、瞼を閉じた、私の奥が疼く。
男の苦しむ顔は女の最高の潤滑剤。
こんな力強い生き物を苦しめてるのが自分だと言う優越感からなのかな。

彼がすーっと歯の間から息を吸ってから、瞼を開けた。
その濁ったもののない美しい瞳にじっと見つめられると、
こんなことをしてる自分が悪い人間になってしまったようで。。。
その後の行為を躊躇ってしまい、手を引っ込めてしまった。

そんな私の手を掴んで『なんで逃げるの?』と自分に当てようとする彼。
「何をしてくれるの?」
彼が強請るように首を傾げた。
かわいすぎ。。。
「うん。。。」思わず目を逸らしてしまう
「ん?」
顔を覗き込まれると、またダメ。。。
私とした事が。。。赤面してしまいそう。

「じゃあさ」
私は彼の手を振りほどき、脱ぎ捨てた服に絡まってるスカーフを取り出した。

私は先週、春だし、いいこともないし、
自分にご褒美だと高級なブランドの最新作のスカーフを買った。
それを初めて使った今日、職場の若い女の子達の視線がそのスカーフに止まってた。
あの子達、仕事に関してはなんにも気がつかないのに
こういうことだけは目敏い。
あなた達には買えないし、男に貢がせたとしても、似合わないわよと
背筋を伸ばして見せつける。
大人の自分を、もう一つかっこよく仕上げてくれる柄。

彼が首を傾げてきょとんとしてる。
冷えたシルクが、しゅるっと私の手の中で音を立て、
「君の目を見てると、なんにも出来なくなるから目隠しさせて?」
両手でスカーフをぴんと張って、彼の目の前で紐のようにした。

「目隠し?」
「そう」

「はーっ」とため息を付いた彼が
『おねえさんなら大丈夫か』と小さく呟いたのが聞こえた。

「何言ってんの、こんなとこまで連れて来て、そんな格好して」
そう言って、彼の細い首に腕を回し彼を引き寄せた。
彼の身体が傾き、両手を私の脇に付くと
彼の肩の筋肉が盛り上がって、そうっと唇を重ねてくれた。

リップを塗っているわけでもないのに、とても柔らかい彼の唇は
最近は強引な口づけしかされていない私には優しすぎて。。。
昔の彼を思い出させた。
ちょっと甘いお酒の匂いがするのも、昔の彼みたい。


部屋の光を背中で遮って、
私を微笑んで見下ろしてる彼の瞳に動悸が激しくなり、
慌てて「じゃ、目隠しするよ」
握っていたスカーフで隠すようにして言った。

「わかったよ」
彼が腕に力を入れ、ベッドの隣に仰向けに寝転がる。
「従順でいいじゃん」
白が青にも見えるほど透き通った目が瞼の後ろに隠れ、私はそこにスカーフを当てた。
頭を上げてくれた彼の頭の後ろで、しゅるしゅると音を立てて結び目を作る。
「痛くない?」
「うん」

スカーフの柄で彼の垂れ目が見えなくなると、
彼がぐんと大人っぽく見えた。
彼は一体いくつなんだろう。

私は彼の身体の横に正座を崩して座り、視界を失ってる彼を見下ろした。
これで、あの視線に戸惑う事もなく彼を味わえる。
あんなかわいい瞳で見つめられたら、罪悪感しかないもの。

「どこにいる?」
彼が腕を上げ、私が居る方に手を伸ばした。
でも、場所を少し離して座ってるから、彼の指は宙を掻く。
細くて、綺麗な指が、私の視線の前で舞う。

そうなんだよね。
グラスを持つ、彼の繊細な指を見たときから
この指に触れられてみたいって、珍しく理性が無くなっちゃってたんだ。
酔っぱらう前のこと。

今その指が私を求めてる。

私は手を伸ばして彼の手首を掴んだ。
「ここにいた。。」
彼の頬が安心したように緩んだ。
でも、私は何も言わずに彼の指を自分の口元に運ぶ。
彼の軽く握った指を唇でそっと開き
人差し指を自分の唇の中に押し込んだ。

「ん。。。はぁっ」
触れてもいない、カレがぴくんと動く。
指を舌で玩ぶと、それに反応するようにカレが持ち上がってきた。
今度は中指も一緒に。。

彼の頬が紅潮してるのがかわいくて、手首を握ったまま
「何?何を考えてるの?」
からかってやった。
「。。。」
何も言わずに、唇が見えなくなるほど口元に力を入れた彼。
「言わなくてもいいよ、言葉攻めにする趣味はないし、同じ事を考えてるんだから」
私は身体を持ち上げ、彼の腿に座り、身体を曲げ。。。
猛々しいものに、指と同じように舌をからめた。

頭で考えなくても、男の喜ぶことは知ってるし、
勝手に身体が動く。
顔で、口で、舌で、手で、指で、唇で。。。。
男を奈落の底へ突き落とせる。


彼は私の頭を両手で掴み自分に押し付ける。
視界もなく、どこに力を入れていいのかもわからず、
私の頭だけがこの世の彼の頼りのように。。。

「はぁっ。。。はぁはぁ」
彼はかわいく震えて、私に熱を吐き出した。
激しい呼吸をしながら、彼はぐったりと無防備に私に全てを晒す。
守ってあげたくなる子だよね。
母性本能ってこんなものなのかと
変なことを考えながら、彼の横に座り直して彼を見下ろしていた。

「もう外していいよね」
普通に呼吸出来るようになった彼がスカーフを指差す。

「ダメだよ。今夜は君はこのまま」
彼の頭を撫で、乱れた髪を整えてやる。
すると、彼はいきなり力強く私の腕を掴んだ。
彼の指が、私の細い手首を白くさせてる。

「なに?」尋ねると
彼が腕に筋肉を浮かばせ、私を力一杯引き寄せた。

倒れそうになってよろりと彼の胸に手をついて、身体を支える。
「なに?びっくりするじゃん」
身体を元に戻そうと足を動かすと、
彼の反対の手が私の腿を見つけ、さっきの優しさは消えてしまったように
強引に私の花弁の奥深く。。。に触れた。

「ん。。。」
「強がってるけど、こんなになってる」
口元が片方だけ上がった。
彼もこんなイヤらしい顔をするんだ。。。

「だって、君がこんな。。」
「今度は俺の番でしょ」
彼が横になったまま、スカーフの結び目に手を当てようとした。
「ちょっと待って」
だって、彼の目に見つめられてしまうとまた乙女な自分になってしまう。

「スカーフはそのままで、ね」
そう言ったけれど、「そんなのずるいよ」と彼が唇をかわいく突き出してる。
私は彼のまんまるな頬に手を当て、拗ねてる唇に自分のを重ねた。

「私に任せてね」
そう耳もとで囁くと
彼が諦めたように力を抜き、小さく頷く。
私は彼の身体に覆いかぶさった。

若い彼はもう元気になってる。
私はそれを見ると、つい笑みが溢れた。
きっと今の私はイヤらしい顔だろう。
でもね、女だって、欲はあるもの。


仰向けのままの彼の上にまたがって座り、
私の一番熱い場所に、求めてたソレを当てると
ゆっくり腰を下ろす。
彼はもう動く事もしなくなった。

「ぁあっ」
身体の中を貫く熱い感覚に、顎を上げ、天井に向かって声を出してから、
胸に手を置いて息を付く。
残りをもう少し。。。
「ぁあああ」
自分の恥ずかし気のない声が部屋に響き、
ワタシが彼を全て包み込んだとき

彼の胸の奥から熱い吐息が「はぁああっ」と流れ出た。

すると、彼はもう抑えられなくなったようで
私の腰を力強く掴んだ。
そして、私のことをお構いなしに激しく上下に動かす。

私の身体は彼の指に握りしめられて、自分では動けない。
この年下の彼に自由を奪われてしまった。

彼の指が私を締め付け
ワタシが彼を締め付ける。

がんじがらめになってる二人。

はぁはぁと真っ赤な唇から息を吸い
子供のようなまんまるな頬を桃色にしてる彼を見下ろす。

スカーフをしていて、目が見えないのは残念。
だけど、
こんなときに彼の瞳なんか見てしまったら恋に落ちてしまうから。。。
よかったとほっとしてしまう。

私の声が消え、心がここに無いのを感じたのか
彼がさっきより激しく私を動かし、リズムよく腰を

突き上げた。

かわいらしさに似合わない男らしい固い肩を掴み、波に飲まれるものかと耐える。
あの繊細な指が
自分の腰に食い込み、

痛みさえ感じると

もう私は、私でいられなくなった。

もう無理。。。


真っ白になった自分の中に
彼の真っ赤な血が注ぎ込まれた。





私は少し汗の匂いがする彼の胸に頭を乗せ
彼は肩を抱いてくれてた。

ごつごつしてて男らしい彼の筋肉。

かわいくったって、細くたって彼は男だ。
守られてる気がするもの。

そんなことを考えてる私の背中を柔らかく撫でてた彼の手。
なのに、少し指の動きがぎこちなくなった。
あ。。何か考えてる
賢者の時間がやってきたか。

私は身体を持ち上げ、スカーフを外してから初めて彼の瞳を覗き込んだ。
でも
彼は天井を向いたまま、私を見ない。
やっぱりね。

「どうしたの?ふふ、まずいことしたと思ってるんでしょ」

するとはっとして私の瞳を見つめた。
図星。
男なんてみんな同じ。
彼は何を隠さないといけないのか。。。
そんなこと知りたくもない。
後ろめたいものがない男なんて、刺激も無いしね。

「大丈夫、誰にも言わないよ」
私はわざとあっけらかんと言った。
「おねえさん、本当においらのこと知らないんだね」
彼は不思議だと私を見つめてから、にこっと目尻を下げた。
「なんで?君はそんな有名人なの?」
「いや。。。」
「なに?気になるじゃん」
「いや。。。知らなくていいよ」
彼が視線を天井に向けた。
これ以上話すのもまずいのかな。

「ふふ、もし君がどこかの王子様で、私がそれを知ったとしても、このことは墓場まで持ってくよ」
私は小指を出した。
そして、「墓場まで持ってくことばっかだ」と呟く。
すると彼がにっと歯を大きく見せて笑い
「俺もそうだな」と言うと
あの細くて長く見える小指を突き出し、私の小指に一周させた。

「ゆ~びきぃ~り、げぇ~んまん。う~そついたら、はりせんぼんのぉ~ます、ゆびきった」
変な節を付けて歌う彼の声。
透き通った声は部屋に響き、もう一回歌ってと思わず言ってしまいそうになった。


本当に綺麗な声。。。

すると、私の小指を放した彼が、手をそのままベッドの下に伸ばし、
ズボンのポケットに入ってる携帯を取り出そうとした。

そして、「おねえさん、また逢える?」
彼の言葉に、嬉しさでどきんと胸が大きく打った。
でも、やっぱり。。。

「ん。。。やめとこ」
私は、強引に微笑んだ。
すると彼も、眉を下げ残念そうな顔をしてから
「そうだよね」とにこっと笑ってくれた。

やっぱり、今夜で終わりがいい。

その後くだらない話をして、私達は眠りに付いた。









朝の薄暗いホテルの部屋の中
目の前の彼がごろんと仰向けになった。
朝の元気なカレに恥ずかしくて目を逸らす。


このまま何を期待するわけでもないし。
彼が目覚めるまでここに居たら、お互い気まずくなる。
誰にも言わないと約束したしね。


私はそっとベッドを降りた。
自分の身体からふわっと彼の匂いがした。
彼が身体に染み付いているけれど、シャワーを浴びずにこのまま帰ろう。
起こさないように、そっと準備をする。


彼とはもう一生逢わないだろう
顔も見ないだろう。

この整った顔に、この風貌。
一体何をしてる人なのかわからないけれど
一夜の楽しみでいい。
私は彼の側に落ちてる冷たくなったスカーフを拾い上げ、
ぴんと伸ばしてから、首に巻いて、さっと身なりを整える。
全く化粧気はないけれど、
まるでここに商談にでも来たような顔を貼付ける。

これでよし。

じゃ、君。
私は帰るね。

この可愛い顔、もう二度と見られないのかな。
そう思って振り返った
最後に見た彼の寝顔はかっこよくて、このまま帰るのが惜しくなったけれど、
ダメだよ、もう悲しいことはこの歳にはつらすぎると自分に喝を入れた。

泣き顔だって、カッコ悪いし
もう腫れた目なんて、誰もかわいいなんて言ってくれないもの。

ここでさようなら。

じゃあね。
素敵な、名前も知らない君。

彼の寝息と一緒に、胸の上でゆっくり上下してる彼の指を最後に見ながら
ゆっくりホテルのドアを閉めた。




朝靄の煙るタクシーの車窓。
朝帰りだなんて、久しぶり。
でも、なんだか肌が潤ってるんだよね。
火照る自分の頬を撫でた。


いつもはぐちゃぐちゃと蟻の大群のように人が歩く交差点の赤信号で車が停まった。
今は人はまばらで、人間がいないとこんな光景なんだと窓に顔をくっつけ外を覗く。

いつもなら見過ごす巨大な広告に目が止まった。

あれ?
あの瞳。。。

あ。。。

ふふ。そういうことか。。。

「君にはここで逢えるんだ」

私は、
こっちを向いて笑ってる君に微笑み返した。

まだ残る君の香り、そしてこのスカーフ。


「大丈夫、私はあの指切りを忘れないから」
巨大な彼の小指を見て呟いた。

車ががくんと動き、君はもう私の方を向いていなかった。



テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

bite mark


「ぁっ。あっ」

俺の顔の動きに合わせて、鼻から抜ける声が部屋に響く。
楽しくなってきた俺は、顔の動きはそのままで
身体を起こしながら、手で彼の足を少し動かした
彼は期待するかのように、膝を立てて開く。
柔らかな太ももの内側に手を置いて、浮き上がった筋肉を焦らすように撫でる。

太陽も当たらない、いつも隠されたその場所は
柔らかくて、きめ細かで、男の身体の中で一番滑らかな部位かも。
その先にある、俺を待つ場所への入り口でもあるから。。。

自分の含んでるモノから視線を動かした。
こっちもいいけれど。。。

腿もなめてみたくなる。。。


ゆっくり顔を上げると、
「あっ」
名残惜しそうな声が聞こえ、代わりにまだぬれてるソコを

手で包み込む。

彼が安心したように身体から力を抜いた。

誘われるように、白い肌に唇を寄せ舌でその滑らかさを味わう。


昔、昔。。。ずっと昔
女ってものに溺れてたころ
女の柔らかな肌がとても不思議だった。
何がこの下にあるのだろうなんて。。。
マシュマロのようにどこまでも、めり込んで行きそうで
でも
噛めば、水で膨らんだ風船のように割れてしまいそうな恐怖。

歯を立ててみたいけれど
理性ってものが、邪魔をして
風船を破らない程度にやわらかく噛んだあの感覚。


でも、今俺の唇の下にあるのは
噛み切る事も、破れる事もなく俺を跳ね返してくれそうな力強い肌。


少しだけ。。

唇を上げ歯をむき出して、そうっと当てた。

「ん。。。」

彼の全身が固くなって、手の中のモノもぴくんと跳ねた。
俺にぞわっと熱い波が流れた。

この感じ。。。

もう一度大きく口を開け、肌の下の彼の肉体を作り上げてる組織までも
感じられるようにゆっくりゆっくり
噛みしめていく。

「ん。。。」
痛みをこらえてる声がして、痛みを紛らわしてやろうと
手を大きく力強く上下させる。
「ん。。。ぁあっ」

それに呼応させ、歯にも力を入れる。
柔軟なのに弾力があって
千切れそうで、でも、力強く跳ね返す

俺の頭の中で、
こんな感覚が過去にあったか?なんて
似た感覚を記憶の回路の中から探し出そうとしてるけれど
なかなか出て来ない。

「いたい」という声が甘く聞こえた気がして
顎に力を入れて
柔らかな肉に自分の歯がめり込むのを感じると、身体が熱くなって
俺のソコに一気に血が流れ込む。

どかっ

「いてっ」
彼の足の衝撃を腰に感じ顔も手も放してしまった。
「翔ちゃんっ。いたいよっ、何してんだよ」
彼の怒った声。

「いってー」
蹴られた場所に手を当てて身体を起こし
ふと我に返ると
肘を付いて見下ろしてる怖い顔の彼と視線が合ってしまった。
怒ってる。。。そりゃそうだわ。。。
俯いて彼の足の間に正座した。

ちらっと自分の歯形が目に入って
『痛そう。。』と思い、
自分がやったんだと、どきっとする。

「いてーよ」
彼の大きな手がもうすでに血液を集め、赤紫になってるその場所を隠した。

「ご、ごめん。つい」
「ついって、翔ちゃんそんな趣味あったの?」
彼が大きな声を上げた。
もう痛みを忘れて、俺に対して驚きの方が大きいようだ。

「ないない。そんな趣味はない」
「でも。。。こんなに歯形が。。。」

「ごめん、噛んだらどんな感じかなと思って。。。」
「。。。。」

「雅紀の肌、綺麗で、柔らかそうだし」
「。。。」

「ここならわかんないだろうし。。」
「。。。」

「ごめん、もうしないから」
怒ってる彼にもう謝るしかない。
俺は彼の足の間で、両手を付いて土下座してた。

裸の男の情けない格好。
ベッドが揺れ、
彼も身体を起こしてるのを感じた。
何を言われるのかと、額をシーツに擦り付けたまま身体を固くする。

「ふふ。。。謝らなくてもいいよ」
その声に手をついたまま身体を起こす。
「なに?」

顔を上げたところに彼の瞳があった。
さっきの怒った鋭い目ではなく、
少し赤くなった目尻に黒い瞳がぼやっと潤んで見える。
これは彼が俺を誘うときの目。

「ちょっと良かったかも」
今度はこっちが驚いて、目を大きくする。
「ほんと?」

「翔ちゃん、なんにも言わなかったから、何考えてるのかわかんなくて
噛みちぎられるのかって怖かったけど、
そうじゃないってわかったら。。。」


「いいの?」


彼の口元が片方に歪むと、
首に重さを感じ、
次の瞬間、俺の身体は彼に覆いかぶさってた。


「あんまり痛いのは嫌だけど。。。」

「うん」

見下ろしてる彼の真っ赤な唇が半開きになって、
「ちょっと、興味はある。。」
そう呟くと、頬も真っ赤になった。

俺も頭にかーっと血が上る気がして大きく息を吸ってから、
こみ上げる悦びを抑えて、

「俺達やっぱり相性いいな」

喉の奥で囁いた。

彼の手のひらがゆっくり俺の背中を撫でる。
俺は唇を上げて、キバを剥くように歯を見せた。
すると
「ふふっ。。怖いな。で、次はどこを?」
彼の手が俺の背後を滑り落ち、腰を引き寄せた。


「まず、お前の痣。。。噛ませて。」


「ふふ、今は見せるシーンはないから、いいよ。優しくね。」

「まさき。。。」

こげ茶色の絵の具を散らしたような
見慣れた彼の肩に唇を当て「ちゅっ」と小さく音を立ててから
俺の歯は、筋肉で固い彼の肩にゆっくり食い込む


「ん。。。」
「痛い?」

顔を離して眺めた自分の歯の痕は、
彼の痣にまるで鎖のように点々と等間隔の痕を付けていた。


「翔ちゃんがね、俺のものだって言ってるみたいで、
噛まれてるのも嬉しい。俺って変かな」


「俺も」
歯で出来た凸凹を指で触れながら
「これで雅紀が自分のものだって印を付けたみたい。。。」


そう言いながら
その傷跡に軽く口づけをし
俺はまたその鎖を繋げるように彼の肩に歯を当てた。

彼の手が俺の髪を掴み、
「ん。。」
痛みを堪える音がして、指に力が入ると
そこを治療するように唇を当てて、次の鎖を繋げる

どれだけそんな狂った遊びに興じていたのか。

気がつくと、
彼の肩は俺の鎖でがんじがらめになっていた。

彼の指がゆっくりその痕を撫でる。


「誰にも見せられないね」

「誰にも見せたくないし、触らせたくないからいい」
俺はその痣を指で辿る。
「くくっ。子供みたい」
雅紀がそんな俺を見て笑ってる

「だな。マーキングだ」

そう言って誤摩化したものの
でも、この歯に食い込む彼の肌の柔らかさ。

病み付きになりそうだ。
軽く付けた肩の歯形は所々もう元に戻ってた、
でも、始めに噛んだ彼の腿の内側。。。

綺麗に俺の歯の痕が残ってる。

それがちょっと愛おしくて、指でなぞってみる。

すると、俺の頭の上から

「翔ちゃん、もっと強くとか考えてないよね」と雅紀の声が聞こえた。

「いや。。えっと」

彼の手が俺の頬に当たり、顔をくいっと上げさせられた。
「俺を痛めつけるのは、噛むだけじゃなくて。。さ」

どんどん小さくなってく声と、照れた表情に何を言っているのかわかると、
失いかけてた炎がまた身体の奥に宿る。

「じゃぁさ。。。どうして苛めてほしい?」

「なんでも。。。あ。でも噛むのはもう止めてね。仕事に差し支える」

「ちっ。わかったよ。じゃ。。。まずは。。。」

また身体を下にずらし。。。


太ももにある自分の赤い印に口づけをしてから。
また、始めにしてたこと。。。

気をとられて、途中で終わってしまった続きを始めた。



顔を動かす度、目の片隅に見える真っ赤な花。

綺麗じゃん、一生このまま痕があってもいいんじゃないの?

なんて思いながら

俺は彼の苦しい泣き声をもっと上げさせてやろうと
愛しいそれをいたぶってやった。





何をしても許して
愛してくれる彼。

俺も
こんなに愛してるよと顔を動かす。

甲高い声が聞こえ
彼が熱い印を俺に流し込んだ。

俺だって彼をこんなに愛してる。

だって。。。

彼の血だって、
ソレだって。。。

飲み込めるんだ。





次の日、楽屋で、俺はさっさと衣装に着替えて新聞を読み始めた。

いつもなら最初に服を脱ぎ捨て、下着姿で歩き回ってる雅紀が
今日は最後まで着替えずに隅できょろきょろしながら、タイミングを計ってる。
やっぱ、見られたらまずいよね。

俺はみんなの注目をこっちに集めてやろうと
「この間のロケでさー」

大きな声で話を始めた。
3人の視線が俺に集まり安心する。
雅紀もこっちを向いたので『着替えるなら今だよ』と目で言って頷いてやった。

「強烈なおばさんに掴まって」
「なに?」
「ニノと大野くんは本当に出来てるんですか?だって」

「えええ。へんなの」
「やっぱバレてるね、リーダー」
「ほんとに、雅紀と俺までどうなってんだって詰問されたよ」

俺は話をしながらちらっと雅紀を見た。

彼は誰も見ていないと安心したのか
堂々とズボンを脱ぎ捨ててた。

昨夜は、
真っ赤にくっきり咲いていた彼の太ももの花が
今日は
まるで水彩画のようにぼんやり浮かんでいた。


綺麗だなと思ったその花は
あっと言う間に
雅紀の服の下に消えたけれど

俺の腹の奥がほんの少しだけ温度を上げた。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


もう消えてしまいそうな翔ちゃんの歯形。
糸切り歯だけ小さく
まるで吸血鬼に噛まれたように残ってる。

あの慎重な彼が
恋愛の証拠になるような印を俺の身体に残す事に
俺達の関係が深くなってることを感じた。

二人の関係に
指環も
印鑑も
書類もないけれど

翔ちゃんの歯形が残ってるときは
二人の間に証明が存在するみたいで
その痕を見るたびに胸が痛くなった。

それに。。

噛まれた痛みと共に感じた愛。


これも究極の愛の形なのかもね。


噛まれて、痛いと顔を歪める俺を嬉しそうに見下ろす翔ちゃん。
その姿を思い出すとお腹が痺れる。
あの表情をもう一度見たい。
冷酷で、いやらしい彼の顔。


ずきん。。。


結局、俺も噛まれたいみたいだ。

翔ちゃんになら、
何をされても許せる。
痛くたって、
愛されてると感じられるなら。。。

いや、そんな綺麗ごとは嘘。
彼に身体も痛みも支配されて快感を感じてしまってるんだ。

雅紀は俺のものだって
あの歯形が物語ってたから。。。

そうだ

もう一度、あの真っ赤な花を腿に咲かせてもらおう。

これが全て消えてしまう前に。
夏が来る前に。

湯煙で曇った鏡の中にある、無駄の無い自分の身体をもう一度確かめ
「翔ちゃん、今日も遅いのかな」
小さく呟き、肩の痣に手を伸ばした。
痣に自分の指で触れると、翔ちゃんの手の優しさが蘇った。

あ。。。
風呂に入ったばかりなのに。。。
コイツは。。。














テーマ : BL小説
ジャンル : 小説・文学

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。